感染経路と対策方法を知り、ノロウィルスの感染を防ごう

冬に最も感染者が増える

ノロウィルスが原因の感染性胃腸炎や食中毒がとても多く発生していて、中でも11月から3月の寒い時期が年間を通して最も感染者が発生しています。地方自治体や国からノロウィルスに関する注意喚起を行なっているものの、今のところあまり減っているとはいえない状況にあります。

子供に関連するおすすめ記事

家族

七五三は「写真館」で!そのメリットを教えます

スマホやデジカメが普及している最近では誰でも気軽に写真を楽しむことが出来るようになりました。七五三などの人生の節目に撮影する写真では写真館を利用する方は多いです。写真館で撮影することで得られるメリットを解説しているので参考にして下さい。

READ MORE
女の子

【世田谷のママ必見】幼児教室のメリットを解説

幼児教室とは幼児を対象に教育を行っている施設のことですが、教育の幅がとても広く、文化系から芸術系や体育系と様々な分野の教育を行うことが出来ます。全国に幼児教室はありますが、世田谷にもあります。

READ MORE
スマートホン

子供スマホを検討している方へ~格安simをおすすめします~

小中学生の中でも所有率が上がっているスマホですが、お子さんにスマホを持たせようと思っているけど、高くて中々手が出せないという方は格安sim会社の子供スマホ向けプランが安くなっておりgps発信機能なども備えていておすすめです。

READ MORE

ノロウィルスが感染する経路

喫食による経路

ウィルスが付いている食品を口にすることで感染する経路になります。こちらは食品をよく加熱して食べることでウィルスを殺菌することが出来ます。また調理施設などでは、施設内の除菌を徹底することにより、食品へのノロウィルス混入を防ぐことが出来るでしょう。

接触による経路

ウィルスが付着した物を触ることにより感染する経路になります。主にトイレからの感染になるので、トイレをした後はしっかりとした手洗いを行うようにしましょう。またドアノブなどのよく人が触れるものはこまめに洗浄、殺菌することをおすすめします。

塵埃による経路

嘔吐物の処理が不十分だった際に、乾燥して塵や埃となることで、空気中を浮遊して口に入り込むことで感染します。適切な汚物処理を行うことで、感染を防ぐことが出来ます。また処理に使用した用具は必ず除菌し、手も綺麗に洗いましょう。

ノロウィルスを予防する方法と対策

no.1

1.手洗いをこまめに行う

ノロウィルスだけでなくウィルスを予防するためにはまず手をしっかりと洗うことです。洗い方は、手を二回洗い、水分を拭き取ってからアルコール消毒などを手にかけることで手を清潔に保つことが出来ます。手は色々な所に触れるので、菌にも触れやすいです。手が洗えない状況でも手を除菌する商品が出ているので、利用するといいでしょう。

no.2

2.食品を十分に過熱する

食品を中までしっかりと過熱することにより、食品からのノロウィルス感染を大きく防ぐことが出来ます。ノロウィルスが含まれている食品を見つけることが難しいので、日頃から生物などは特によく加熱するように心がけましょう。一般的にノロウィルスを防ぐためには、約90度で2分程度の加熱が必要といわれています。

no.3

3.体の健康管理を行う

ノロウィルスは人の排泄物などから二次感染が起こってしまいます。なので、下痢や発熱、嘔吐などの食中毒が疑われる症状が出たら、すぐに会社などに報告して自宅療養を行えるようにしてもらいましょう。症状が収まっても、一度感染した人は数週間程度ウィルスを排出するといわれています。

no.4

4.清潔な環境を保つ

ノロウィルスはトイレの便座や手すり、ドアノブなどに多く潜んでいるので、会社や公衆のトイレなどの多くの人が利用するトイレはなるべく清潔な所のものを利用しましょう。また除菌などを行うことで、トイレからの感染を防ぐことが出来ます。トイレだけではなく、エスカレーターの手すりなど多くの人が触れるものは極力触らないようにしましょう。

no.5

5.適切な汚物処理を行う

ノロウィルスに感染している人の便は1gでなんと100万人もの人を感染させることが出来るといわれています。適切な汚物処理を怠ると集団感染の原因になりかねないので、汚物の処理後に行う除菌までをきっちりと行ないましょう。また一度使用した手袋などはなるべく捨てるようにしましょう。

[PR]

幼児教室なら世田谷で人気の施設へ!
お受験を考えているなら要チェック!

本格的に流行る前に知りたい、ノロウイルスの対策法とは?

家族

他の菌より小さい

大腸菌やインフルエンザウィルスよりはるかに小さいのがノロウィルスです。なので他の菌より手のシワ等に入り込みやすくなっています。適切な手洗いと除菌を行なわないとノロウィルスは手から離れません。感染する可能性が高くなってしまうので、感染者が多くなる冬の時期は特に手洗いを意識して行ないましょう。

食中毒はノロウィルスによる感染が大半を占めている

過去10年間の感染性胃腸炎発生状況によると、毎年10月の気温が下がり始める時期から報告数が増えていきます。12月頃にはとても報告数が増え、感染者がピークといえるような状態になります。食中毒の原因の大半を占めているのがノロウィルスになるので、ピーク時の感染者はほとんどノロウィルスによるものとなります。

広告募集中